2018年1月9日火曜日

U-14TM vsYSCC

1月8日(月・祝

会場・アルビンスポーツパーク

1本目2−0
得点者(妹尾・関川)

2本目1−1
得点者(荘司)

3本目5−0
得点者(妹尾・池座・関川・長野・関根)

4本目5−0
得点者(妹尾2G・関・碇・村杉)

『昨日アブレイズに何をされ、うちが自由にボールを持つことが出来なかったのか?自陣からなかなか出れなかったのか?それを今日はうちがやろう』とそれだけを話をし試合をしました。
相手のレベルは昨日に比べ落ちましたがしっかりやってくれたと思います。



ただ、サッカーとは関係ないことで昨日は非常に腹が立ちました。
それは、試合中に...味方・相手・審判への文句・相手と喧嘩・挑発...4本目にこれらのことが多発し試合を途中で終わりました...

もちろん試合中に熱くなる気持ちはわかります。
だからといってわざと足を蹴ったり腕やユニフォームを引っ張ったり、文句を言うのは違います。

球際を激しくいき、結果ファウルになってしまうなら仕方ないと思います。
ですが昨日の試合は明らかにアフターばかり...
中学生がこんなんでいいのかと...だいぶ引きました...
だから試合を止めて終わりにしました。

余計な部分にエネルギーを使わずもっともっとサッカーに、プレーに、勝つために集中してほしいものです...

細かい部分を書き出したらキリがないのでこのへんで...

(終)

担当 林




0 件のコメント:

コメントを投稿